発毛剤で白髪対策

白髪は加齢と共に避けられないもの

髪のトラブルは抜け毛・薄毛だけではありません。男女問わず年齢を重ねると、どうしても避けられないのが「白髪」です。
白髪
白髪が目立つと老けて見えたり疲れて見えたりして、鏡を見るたびガッカリしてしまいますよね。

 

マメな人はこまめに美容院や自宅で白髪染めをしているかもしれませんが、面倒に思う人も多いのはではないでしょうか。

 

「どうにかして白髪を黒く戻したい・・・」その悩みがなんと、発毛剤を使うことで叶うかもしれないというのです。

 

なぜ白髪は生えてくるの?まずはメカニズムを知ろう

若さを保ちたいみんなの憎き敵、白髪。そもそも、白髪はどうして生えてくるのでしょうか。実は、もともと髪は色素がないため白色をしています。黒色がデフォルトではないのですね。

 

体内で髪の毛が作られる工程の中で、体内にあるメラニン色素が少しず髪に混ざっていき、
生えてくるタイミングには黒色になっているのです。

 

その黒色の素となるメラニン色素は、毛根の一番下の方にある「メラノサイト」という名前の細胞によって作られていますが、このメラノサイトを活性化させるには「チロシナーゼ」という成分の働きが必要となります。

 

このチロシナーゼの働きが弱いと、髪に十分に黒色を含めることができず、白髪のままで生えてしまうのです。チロシナーゼは歳を重ねるごとにだんだんと機能が低下するため、加齢に伴って自然と白髪の量が増える、というわけです。

 

また、チロシナーゼの機能低下は加齢だけではありません。ホルモンバランスや強いストレス、不摂生なども原因になります。近年、若い世代の間でも「若白髪」といった白髪を持つ人が増加しているのは、加齢のせいではなく生活習慣の乱れ、ダイエットによる偏った食生活、睡眠不足など、普段の生活が大きく関わっているのです。

 

なぜ発毛剤が白髪に効果があるの?

ではなぜ、毛を生やす効果をもつ発毛剤が、白髪の改善に役立つのでしょう?それは、発毛剤に入っている成分や作用によるものです。

 

ホルモンバランスの乱れやストレスが高まっている状態だと、頭皮が硬直してしまい血行不良となりがちです。つまり薄毛の原因と白髪の原因には共通項があるのです。発毛剤に含有されている有効成分は、髪を体内で生成している毛母細胞を活性化させることで新しい髪が生まれやすくなる効果効能があります。

 

そのため、発毛剤を使うことで頭皮環境を改善させ、髪に必要な栄養や酸素を頭皮に巡らせることで白髪の発生を防ぐことができる、というわけなのです。

 

また、発毛剤には、髪にとって必要不可欠な栄養成分であるビタミン各種やミネラル各種、アミノ酸が入っているものも多く売られています。この栄養成分はチロシナーゼの活動を促します。ミネラルはチロシナーゼの活動に必要不可欠ですし、アミノ酸はメラニン色素を作るメラノサイトの原料です。

 

まとめ

  • 白髪の原因は加齢だけでなくストレスや生活習慣の乱れにもある
  • 薄毛抜け毛と白髪の原因には共通項があり、共通の対策を取ることもできる
  • 発毛剤に入っている栄養素や毛母細胞の活性化に効果的な成分が、白髪の改善に役立つ

 

メラノサイトの活性化で白髪は黒髪に生え変わる可能性があります。

 

発毛剤を有効活用して、元気な髪をとりもどしましょう。もちろん、規則正しい生活やバランスの良い食生活もお忘れなく。