医薬品分類の発毛剤について

発毛剤「リアップ」だけが医薬品として認められている

ドラッグストアや薬局、インターネットでは様々な発毛剤を購入することができます。入っている成分はさまざまで、なかなかどれが良いか見極めにくいですね。

 

ここで参考にして欲しいのが「国内で医薬品として認められているのは、大正製薬のリアップだけ」ということです。

 

リアップといえば、俳優の水谷豊さんがTVコマーシャルに起用されている知名度の高い発毛剤ですね。抜け毛を気にしない人も知っている位ではないでしょうか。

 

このリアップですが、有効成分「ミノキシジル」が含まれています。
ミノキシジルには頭皮の毛細血管を膨張させて血行を良くする作用があり、血流が良くなった頭皮は毛がより生えやすい環境になる、という仕組みです。

 

リアップはアメリカの製品「ロゲイン」からはじまった

大正製薬のリアップはもともと、アメリカで開発された「ロゲイン」という製品がはじまりです。

 

ミノキシジルは当時、血管を膨張させる作用を持つことから高血圧患者向けに使われていた薬でした。はじめから発毛剤として売られていたわけではなかったんですね。

 

そんな中、ミノキシジルを患者に投薬していた結果その患者に発毛効果があらわれたのです。これをきっかけに、発毛剤としてあらたにミノキシジルは研究開発されるようになりました。

 

そして研究開発の末、アメリカの製薬会社であるファイザー社が特許を取得し、ミノキシジルを含有した発毛剤を「ロゲイン」という製品名で売り出しました。

 

のちに大正製薬が独占販売権を取得し、リアップだけが国内でミノキシジルを含めた発毛剤として売られるようになりました。

 

日本国内ではリアップだけが医薬品として認められた発毛剤ですが、海外には他にもたくさんの医療品として販売されている発毛剤があります。たとえば、ポラリス、スペクトラル、ジュンヘアーなどですね。

 

ただ、日本では承認されていない医薬品なので、国内では十分に治験が進んでいないものです。個人的に並行輸入して入手することはできますが、副作用のリスクなどを十分に考慮して自己責任で使用することになります。慎重に検討するようにしてください。利用は自己責任です。

 

まとめ

  • 日本で医薬品として販売されているのは大正製薬のリアップだけ
  • リアップはもともとアメリカで開発された製品から始まった
  • 海外の発毛剤の利用は日本で正式に認められていない。あくまで自己責任で。

 

薄毛・ハゲは世界共通のお悩みなんですね。発毛剤・育毛剤は数あれど、まずは自分の抜け毛の原因をチェックしてから購入を検討しましょう。