不妊症と発毛剤の関係について

発毛治療を始めたら子どもができなくなった?これって本当?

「発毛剤を使い続けると不妊症を引き起こす」という話をあなたは聞いたことがありますか?なんだか都市伝説のような話ですが、実際に妊娠しにくくなったという声もたまに聞かれます。

 

発毛剤と不妊には、何か関係があるのでしょうか?詳しく解説します。

 

まず、発毛剤には頭皮に塗るタイプのものと、錠剤を服薬するタイプのものがあります。塗るタイプのものは主に皮膚に作用するものなので、不妊への影響はさほど気にする必要はないでしょう。

 

塗るタイプの発毛剤にも製品によって様々な有効成分が含まれていますが、そのほとんどは頭皮の環境を改善したり、頭皮周りの血流を促進させる作用をもたらすものです。頭皮に作用するものが生殖機能に作用することはありません。

 

一方で体内に取り入れる飲むタイプの発毛剤は、全く影響が無い、とは言い切れません。残念ながら不妊症を引き起こす可能性はあります。

 

不妊症の原因は男性ホルモンを抑えるタイプの治療薬

飲むタイプの発毛剤にはサプリメントのような栄養が入ったものと、医薬品のような薬用成分が入ったものがあります。そのうちサプリメントは影響がほぼありませんが、医薬品には副作用や副反応が見られることがあります。

 

たとえば、男性型脱毛症であるAGAの治療に有効を言われるフィナステリドという医薬品があります。この医薬品は抜け毛に対して効果を発揮すると言われているのですが、副作用として性欲の減退や精子の減少が生じる可能性があります。

 

性欲に関しては自分の体調や生活習慣などである程度コントロールすることができるかもしれませんが、精子の減少については、やはり妊娠の可能性を低くしてしまうことはありえます。

 

また、真偽は定かではありませんが、フィナステリドを投与し続けることによってEDになった、という人もわずかにいます。EDになってしまったら性行為ができなくなってしまうので、不妊ではなくそもそも子作りができなくなってしまいます。

 

このフィナステリドという医薬品は、AGAの原因とされる男性ホルモンの働きを減退させ抜け毛を防ぐ作用があります。それはつまり、男性機能を抑えるということ。抜け毛も抑えられますが、他の男性機能も抑えられてしまうというわけです。

 

不妊は女性側が理由と考えられがちですが、男性側に原因がある可能性も十分あり、フィナステリドの服薬が原因で不妊を引き起こしてしまう場合もあります。

 

もしあなたが、もう子どもを必要としていないのであればAGAの治療のためにフィナステリドを服薬してもいいかもしれませんが、これから子作りを検討しているのであれば、服薬を開始する時期はお医者さんと相談したほうがいいかもしれません。

 

まとめ

  • 発毛剤で不妊症を引き起こす可能性がある
  • 不妊症の原因となり得るのはフィナステリドが入った飲むタイプの発毛剤
  • これから子作りを考えている人は飲むタイプは避けたほうがベター

 

子どもが欲しいからといって抜け毛や薄毛の治療を諦める必要はありません。ここで解説したのはあくまで発毛剤を「服薬」した場合のお話。

 

今すぐ抜け毛対策を行いたいなら、「飲むタイプ」でなく「塗るタイプ」の発毛剤を使えば大丈夫です。