女性ホルモンの発毛剤

女性ホルモンを投与すれば抜け毛は抑えられる?

抜け毛や薄毛の悩みは男性のものと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、女性であっても女性ホルモンが減ってしまうと抜け毛や薄毛になりやすいと言われています。

 

そこで、抜け毛や薄毛対策として、発毛剤にも女性ホルモンを配合すればよいのではないかと考える方もいらっしゃることでしょう。

 

果たして、女性ホルモンが入った抜け毛・薄毛対策が期待できる発毛剤は販売されているのでしょうか?

薄毛

非常に残念なことに、女性ホルモンが配合された発毛剤は現時点では販売されていません。というのも、女性ホルモンが生成されるメカニズムについては現代の科学力をもってしても未だ解明されておらず、同じ成分のものを人工的に作る出すことは不可能だからです。

 

「あれ、女性ホルモンを配合していることをアピールしている商品もあったと思うけどなあ」なんて疑問に思うかもしれませんが、それは女性ホルモンと似た成分が入っているということです。

 

例えば、果物のザクロの分子構造は女性ホルモンと似ているため、女性ホルモンと同様の発毛効果があると期待されています。そのため、ザクロを配合した商品を女性ホルモン配合として売り出している場合があります。

 

このように、女性ホルモンを配合した発毛剤というのは、女性ホルモンに似た成分が含まれた商品のことで、女性ホルモン自体が配合されているわけではありません。

 

女性ホルモンの分泌を促すにはどうすればいいの?

では、私たちの体が生み出す女性ホルモンを増やすためにはどうすればよいのでしょうか?それは、やはり日々の生活習慣の見直しがキーポイントとなってきます。

 

食生活の面では女性ホルモンのバランスを整えやすい栄養を摂取するということを心がける必要があります。より具体的には、「イソフラボン」の摂取を心がけるとよいでしょう。「イソフラボン」は女性ホルモンのエストロゲンに近い成分として有名で、納豆や豆腐などの大豆食品を食べることで効果的に摂取することができます。

 

また、「ビタミンE」を積極的にとることも重要です。ビタミンEは血行を良くし、視床下部を活性化させることによって女性ホルモンの分泌を促す効果があると期待されています。そのため、ビタミンEが豊富に含まれているアーモンドやピーナッツといったナッツ類を食べることをオススメします。

 

食生活以外では体を冷やさないことを心がける必要があります。体が冷えると身体の血の巡りが悪くなってしまい、女性ホルモンの分泌を司っている視床下部の働きが弱くなってしまいます。そのため、1日の終わりにはシャワーでささっと体を洗うのではなく、湯船に使って半身浴をするといったことや、冷たい飲み物ではなく暖かい飲み物や常温のものを口にするといったことを心がけて、体の中から温めたりすることを心がけるとよいでしょう。

 

まとめ

ここまでお話をしてきたように、非常に残念ながら本当の意味での女性ホルモンが配合されている発毛剤はまだありません。そのため、外から女性ホルモンを取り入れるのではなく、体の内側から女性ホルモンの分泌を促す必要があります。

 

それには食生活の改善や冷え性にならないような対策をするなど日々の生活習慣を改善していくことが必要になります。面倒かもしれませんが、急がば回れとも言いますし、生活習慣の改善してホルモンバランスを整えることは発毛効果だけでなく、様々な体調不良を改善するきっかけにもなるはずです。