ドラッグストアで買える発毛剤の種類

薄毛で悩むのは男性だけじゃない!

抜け毛や薄毛というワードを聞くと、だいたいの場合は男性が悩んでいる姿をイメージしがちですが、男性ほどではないにせよ、やはり女性も髪が減る、細くなる、弱くなるなど髪への悩みを持っている人が多くいます。

 

現在はドラッグストアでも簡単に発毛剤が入手できる時代。もちろん女性向けの発毛剤も売られています。この記事では、ドラッグストアや薬局で手に入れることができる女性用の発毛剤をご案内します。

女性の薄毛

女性が男性用の発毛剤を使うとどうなるの?

同じ髪の悩みであっても、髪が弱く細くなる、抜けていく体の仕組みは男女によって異なります。男性は多くの場合、前髪の生え際やつむじ(頭頂部)など、部分的な薄毛が主な症状です。一方、女性は頭部全体の髪からボリュームがなくなっていく傾向にあります。

 

どうしてこのような異なる症状が出るのかは、そもそもの抜け毛の原因が異なることにあります。男性の抜け毛や薄毛は、主に男性ホルモンによるものですが、女性の抜け毛や薄毛は女性ホルモン、貧血などが主な理由です。

 

そのため、抜け毛対策となる発毛剤や育毛剤も、男女の抜け毛のメカニズムに合わせた方法でアプローチする必要があります。発毛剤、育毛剤が男性用女性用に分かれているのは、そのような理由があるからなのです。

 

ですので、女性が男性用の発毛剤を使っても、思うような効果が期待できないことが考えられます。

 

ドラッグストアで買える女性用発毛剤は?

ドラッグストアで買える女性用の発毛剤は、大きく分けて「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」に分かれています。

ドラッグストア

医薬品は厚生労働省が認めた薄毛、抜け毛に効果がある医薬成分が含まれている発毛剤です。頭痛薬や風邪薬と同様、薬の一種ですので購入時は薬剤師から説明を受けて購入する必要があります。

 

抜け毛に効果があると言われている医薬成分のうち、厚生労働省に認められているものの一つに「ミノキシジル」というものがあります。このミノキシジルは頭皮に湿布することで頭皮の血管拡張を促すもので、頭皮の血流を良くして元気な髪の毛が生えるようにする、といった効果を期待するものです。

 

医薬部外品は薬用成分が含まれています。 医薬品と同様厚生労働省が認める成分が入っていますが、症状を治療するためのもの、というよりは抜け毛の進行を抑制するといった予防の役割が期待できるものです。これは薬剤師がいなくても購入できるものでラインナップも豊富にあります。

 

化粧品は上2つに比べ、効果や効能をうたっておらず、抜け毛に間接的に関わる頭皮の状態を改善する成分が含まれているものになります。ドクダミエキスや海藻エキス、ローズヒップエキスなど植物抽出エキスが配合されている商品が目立ちます。劇的な変化は医薬品などと比べて薄いですが、日常的なケアとして取り入れるためのものです。

 

まとめ

  • 抜け毛のトラブルは女性にもある
  • 男性女性で抜け毛のメカニズムが異なる
  • ドラッグストアで購入できるのは医薬品、医薬部外品、化粧品

 

医薬品がもっとも効果が高いのは想像しやすいかなと思うのですが、頭痛薬などと同じ「薬」なのでその分副作用や副反応も多少はあります。購入時は薬剤師の説明をしっかり聞きましょう。

 

それぞれ入手のしやすさや効果が違いがあるので、自分の状態に合わせて最適な商品を選びましょう。