飲む発毛剤の効果

サプリタイプの「飲む発毛剤」、最近見かけますね。

インターネットで発毛剤を調べてみると、塗るタイプではなく飲むタイプの発毛剤を宣伝しているサイトをみかけるようになりました。
錠剤タイプの薬を定期的に飲むことでぐんぐん毛が生えるなんて、なんだか夢のよう。

 

でも、本当に効果はあるのでしょうか。
実は、発毛に効果がある成分は1種類だけ、「ミノキシジル」が入っているものだけなんです。

ミノキシジル

アミノ酸やコラーゲンなどをたっぷり含めた錠剤、サプリメントもたくさん販売されていますが、この成分はあくまで髪の質をよくするものであって、毛が生えるお手伝いはしてくれません。

 

一方、ミノキシジルは頭皮の毛細血管を膨張させて血行を良くする作用があります。血流が活発になることで毛を生成する組織(これを毛母細胞といいます)がぐんぐん勢いを取り戻していくのです。

 

ミノキシジルは市販されている発毛剤「リアップ」に含まれている成分として知られています。発毛に興味のある方にとってはおなじみのワードではないでしょうか。

 

そのミノキシジルを錠剤に凝縮したものが「ミノキシジルタブレット」という製品です。
飲む発毛剤として効果があるのはこの製品だけ。他の製品は、発毛には効果がありません。

 

ただ、何も効果がないわけではありません。確かに発毛効果はありませんが、髪を元気に育てる、太くするなどの効果はありますので「発毛剤」ではなく「育毛剤」として覚えておくとよいでしょう。

 

ミノキシジルは唯一の「飲む発毛剤」
他の商品は「飲む育毛剤」として活用しましょう。

 

 

プロペシアに効果があるのは発毛?それとも育毛?

プロペシア

プロペシアという製品を知っていますか?
男性型脱毛症、いわゆるAGAの治療薬として使われている医薬品です。

 

プロペシアには「フィナステリド」という成分が含有されています。このフィナステリドには、5αリアクターゼ酵素の働きを抑制することで、男性型t脱毛症であるAGAの原因と言われている「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンの発生も抑制してくれるのです。

 

つまり、プロペシアの効果は「抜け毛の抑制」です。抜けるのを抑えてくれるわけですから、プロペシアを飲んだところで髪が生えたり、髪が元気になるということはありません。

 

なので、「プロペシア」イコール「発毛剤」「育毛剤」ではない、ということを覚えていてください。

 

まとめ

  • 飲む発毛剤として効果があるのはミノキシジルタブレットだけ
  • 他の「飲む発毛剤」とうたっている商品は「飲む育毛剤」とみなすこと
  • プロペシアはAGA治療薬として使われているが、効果は抜け毛の抑制。
  • プロペシアには発毛・育毛の効果はないので注意

 

髪に効く薬剤やサプリメントと聞くと、誰もが「これを飲んだら毛が生える!」とイメージしがちです。

 

でも、成分によって効果は異なります。お医者さんと相談して、治療の流れや何を服用したらいいのかを相談しながら利用するのがよいでしょう。