育毛剤・発毛剤・養毛剤の違い

それぞれの商品、どう違うの?

薄毛や抜け毛が気になったて抜け毛対策の商品を探すものの、いろんな商品があって迷ってしまいますね。

薄毛

その中でも 頭皮に塗るタイプの「育毛剤」「発毛促進剤」「養毛剤」はその違いがいまいちわからず、どの商品を手に取れば良いか困っている人もいるかもしれません。この記事ではそれぞれの特徴を紹介します。

 

育毛剤の特徴とは?

育毛剤は、髪の成長を促進し強い毛が生えやすくするものです。成長促進を目的にしたアイテムで、入っている成分も成分も毛を育てるものが中心に配合されています。

 

育毛剤の多くは頭皮の血行促進のための成分を含んでいるもので、毛根へ栄養が届きやすいように頭皮の環境を整えてくれます。

 

特に女性の薄毛の原因に、冷え性や貧血などによる血行不良が考えられます。そのような状態にうまく効果を発揮するのが育毛剤です。髪はあるけど細くて元気がない、傷んでパサパサ、という方が使うと良いでしょう。

 

発毛剤の特徴とは?

発毛剤はその名前の通り、毛を生やすアイテム。頭皮にある毛母細胞にアプローチし発毛を促進させます。毛母細胞の働きを促す成分が入っているのが発毛剤です。

 

本来の発毛剤は厚生労働省で定められた成分を、定められた量入っているものです。たまに耳にするミノキシジルはその1つ。
医薬品は医師から処方を受けて手に入れるか、ドラッグストアで薬剤師の指導の元手に入れることができます。

 

たまに、医薬成分が入っていないのに発毛剤とうたっているアイテムがありますが、それは育毛剤か養毛剤なので注意です。

 

養毛剤の特徴とは?

養毛剤は、生えている髪を守るために必要な栄養素や潤い成分が配合されたものです。育毛剤に近いですが、より「毛へ栄養を与える」目的が強いのが特徴です。

 

アイテムによっては頭皮の環境改善に効果があるものもあります。例えば頭皮からの皮脂の分泌を正常な量に整えたり、フケの発生を抑えるなどの成分が入っているものもあります。

 

まとめ

  • 育毛剤は髪を育てるもの
  • 発毛剤は髪を生やすもので、唯一の医薬品扱い
  • 養毛剤は髪に栄養を届けるもの

 

医薬品というだけあってもっとも効果が見えるのは発毛剤ですが、そのぶん副作用や副反応のリスクもあります。一方で、ゆるやかな効果ではあるものの、そのようなリスクが少ないのが育毛剤や養毛剤です。

 

特に養毛剤は化粧品の分類に該当するものがほとんどで、いわゆる「頭皮のスキンケア商品」。治療するほどではないけど、気になる・・・という方は試しに日常的なケアからはじめるのも良いかもしれませんね。