アムウェイ(Amway)の発毛剤の効果

アムウェイから発毛剤が出ているんです!

アムウェイ(Amway)から発毛剤が出ていること、知っていましたか?

 

他の有名な発毛剤に比べると大々的な宣伝は行っていないものの、とりわけアムウェイファンで薄毛でお悩みの方であれば、定番のアイテムなのではないでしょうか。
サイトマックス
アムウェイの発毛剤「CYTOMAX (サイトマックス)」を長らく愛用しているファンや、これから購入を考えようとしている人もいるかと思うのですが、実はサイトマックスが必ずしも誰でも薄毛に効くわけではないのです

 

では、どういう人に効いて、どういう人に効かないかを見ていきます。

 

AGAには効果が期待できないかも・・・

アムウェイのサイトマックスに含まれている主な有効成分は酢酸トコフェロールとベンジルカイネチンです。

 

酢酸トコフェロールは血行促進に有効な成分で、ベンジルカイネチンは毛母細胞を活性化させる効果があります。
薄毛
毛母細胞そのものについては、髪をイキイキ育てるのに重要な組織の一部です。

 

毛母細胞が活性化されているとぐんぐん太くて強い毛が育ちますし、逆に毛母細胞の元気がないと、細くて薄い毛しか育ちません。

 

このように毛母細胞が弱いせいで薄毛に悩まされている人には、この有効成分がうまく働くと思われます。

 

その一方で、AGA(Androgenetic Alopeciaの略です)といわれる男性型脱毛症である場合は、血行を促進させても、毛母細胞を活性化させても、残念ながらあまり効果は見込まれないでしょう。

 

なぜなら、AGAの主な原因はジヒドロテストステロンという男性ホルモンによるものだからです。つまり、あなたの抜け毛がAGAの場合、アムウェイのサイトマックスだけを使うことはあまりおすすめできないわけです。

 

もちろん、血行促進を目的に利用するのであれば優秀なアイテムであると思うのですが、肝心の抜け毛対策、予防に効くとはいえないのです。

 

まとめ

  • アムウェイ(Amway)からサイトマックスという発毛剤が販売されている
  • サイトマックスは強い毛を育てるのに役立つアイテム
  • AGA対策には効果が見込まれない

 

いくら優秀なアイテムを使ったからといって、原因に直接効果のあるアイテムであれば使う意味がありません。もしあなたがAGAの疑いがある場合は、まずはジヒドロテストステロンに作用するアイテムを検討してみてください。

 

具体的な製品を知りたい方は、当サイトのトップページでも紹介していますので是非参考にしてみてください。