発毛剤を買うならこれを知っておけ!効果を知って間違えない発毛剤選びサイト

発毛剤で髪が増えない人がいる?!

シャンプーやトリートメント、髪の美容液など、市場にはありとあらゆる種類のヘアケアアイテムが溢れています。

 

そんな中、もしあなたが抜け毛や薄毛の悩みを解決したいのであれば、まずチェックすべきは「発毛剤」です。

 

リアップ

 

もちろん、規則正しい生活習慣や食事、睡眠も効果的で髪にとって大切な要素です。

 

でも、手っ取り早い解決を望むのであれば、発毛剤はあなたにとってなくてはならない武器になるはずです。実際、すでに発毛剤をヘアケアに取り入れたり、使用を検討している人もいるかと思います。

 

・・でも知っておいてください。
今から大事なことを言います。

 

リアップのような有名ブランドの発毛剤も、人によっては効果がありません!

 

もしあなたが「なんとなく」発毛剤を選んでいるのであれば・・・残念ながら、それは何の意味もない努力となっている可能性があります。発毛剤には、効果がある人と効果がない人がいるんです!

 

なぜなら、抜け毛の原因はいくつもあり、その人の原因そのものに直接アプローチする方法でなければ期待される効果は全く得られないからです。

 

・・・もう一度言います。

 

いくら高価な発毛剤をどれだけ長い間使っても、効かない人がいるんです。

 

ここまで読んでガッカリされた方もいるかもしれませんが、それは避けられない事実です。

薄毛

効果のありなし、見極める方法とは?

では、自分に発毛剤の効果があるのか、それとも効果がないのかをどうやって判別すればいいのでしょうか?

 

答え

この表に自分をあてはめてください!

発毛剤の効果がある人 発毛剤の効果がない人

血行不良が原因の人

 

<具体例>

・生活習慣の乱れ

・ストレスの高い人

・常に寝不足の人

AGAが原因の人

 

<具体例>

・加齢

・遺伝

 

もちろんこれは極端な分け方で、両方の理由が混在していることもあると思います。

 

でも、

自分は完全に表の左側だけだ!

自分は「発毛剤の効果がある人」側だと断言できる!

 

そういう人には断言します。

早く発毛剤を使いましょう!

 

 

発毛剤の選び方

発毛剤が効くと分かった方へ質問です。

発毛剤をしっかり選べますか?

 

「いやいや、ちゃんと発毛剤って書いてあればいいんでしょ…」と思っている方。「育毛剤」や「養毛剤」など種類があることを分かっていますか?本当に効果がある「発毛剤」は医薬品に指定されており、厚生労働省が認める医薬成分を含んでいます。

 

たとえば、抜け毛対策の代名詞とも言える「リアップ」には、「ミノキシジル」という医薬成分が含まれています。

 

発毛剤が効く人は血行不良が原因」なのです。そして、このミノキシジルこそが血行不良の頭皮に血流を巡らせて発毛作用を生じさせるのです。

 

逆に言うと、血行不良が原因でハゲてる人じゃなければ発毛剤は効かないんです!

 

きちんと抜け毛にアプローチする商品を選ばないといけません。

薄毛

発毛剤が効かない人はどうしたらいいの?

発毛剤が効かない人は、その原因の多くがAGAにあります。

 

たとえば抜け毛の原因が「加齢」だと思われる人。誰もが「年には敵わないなあ・・・」と思いつつ、どうにか薄毛の進行を食い止めたいと思うのではないでしょうか。

 

しかし、加齢に伴う抜け毛の原因は、実は加齢そのものが直接的な原因ではありません。これは「AGA(正式名称はAndrogenetic Alopecia)」という男性型脱毛症で、加齢に伴って増加する男性ホルモンの影響で抜け毛が加速しているのです。

 

よく、「遺伝のせいでハゲた」と、そういう人もいます。でも遺伝だという人のその多くは、やはりAGAを受け継いでしまったことからハゲているのです。

AGA

ハゲの大敵!男性ホルモンの分泌!

AGAの元凶でもある男性ホルモンの主な成分は、テストステロンという善玉ホルモンです。

 

このテストステロンが「5αリアクターゼ」という体内酵素によって、悪玉の男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン」へと変化します。

 

つまりこのジヒドロテストステロンこそ、抜け毛の直接的な原因なのです。

 

AGAの症状は特徴的で、だいたいの場合が前髪が退行する「M字ハゲ」「U字ハゲ」、頭頂部が薄くなる「O字ハゲ」です。この形状が特徴的となる理由は、男性ホルモン受容体が居つく場所が主に前頭部と頭頂部であるからです。

 

AGAは放置すると、どんどん症状が加速します。はじめはM字ハゲだけあったのが、頭頂部もハゲはじめてしまうといった、抜け毛の組み合わせもあり得ます。

 

おそるべし!悪玉ホルモン!

ここまでお伝えしたように、AGAは悪玉ホルモンのジヒドロテストロンが原因です。

 

なので、AGAを治すのであれば、ジヒドロテストステロンの発生を食い止めることが重要です。

 

ですが、ほとんどの人はそのような直接的な原因を把握しないまま、手に入りやすい、目につきやすいブランドの発毛剤を使っています。それでは、いつまでたっても抜け毛を防ぐことはできません。

 

TMコマーシャルやWeb広告などでよく見かける「リアップ」「ロゲイン」「カロヤンガッシュ」などの代表的な市販品は、血行促進や頭皮環境の改善、毛母細胞の活性化には役立つものの、残念ながらAGAには効果がありません。いくらたくさん、長い間使っても、です。

 

男性ホルモンが原因となるAGA(男性型脱毛症)は、その原因である男性ホルモンの分泌を抑えなければ意味がないのです。そして、放置すればするほど、薄毛はどんどんと確実に進行していくのです。

 

AGAにはジヒドロテストロン対策ができる発毛剤・育毛剤がマストアイテム!

では、どうしたらいいのか。

 

答えは簡単。男性ホルモンによる脱毛を抑えるヘアケア商品を選んで使い続ければ良いのです。

 

AGAの敵は、ジヒドロテストステロン。このジヒドロテストステロンを抑制するヘアケア商品の使用が最善かつ唯一の対策なのです。

 

ジヒドロテストロン対策の発毛剤はインターネットで調べてもいくつか出てきますが、特におすすめするのは「CHAPUP(チャップアップ)」でしょう。

 

【公式サイト→ https://chapup.jp/

 

モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

 

チャップアップは実は発毛剤ではなく「育毛剤」なので医薬品には該当しません。

 

リアップやカロヤンガッシュ、スカルプDなど、有名なメーカーや商品名ではないので知名度はさほどのものですが、育毛や発毛に興味のある方なら知らない人はいない、人気のアイテムです。

 

医薬品ではない「育毛剤」に分類されるチャップアップ。でも、効果は発毛剤に負けません。

 

チャップアップは発毛剤と同様の発毛・育毛効果があるだけではなく、AGA(男性型脱毛症)の直接的な原因である悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストロン」の抑制に直接効果があるのです。

 

驚きの有効成分!

チャップアップには他にも有効成分が44種類入っており、それらは生薬由来のもの。皮脂の分泌を抑える成分、頭皮の環境を改善する成分、頭皮の血流を促す成分などがギュッと1本に凝縮されています。

 

もし、あなたの薄毛の原因がAGAであるならば、今持っている発毛剤を使い続けても意味がありません。その間にも薄毛はどんどん進行しています。

 

チャップアップをはじめ、ジヒドロテストロン対策ができる発毛剤に1日でも早く切り替えをおすすめします!

 

公式サイト

 

商品名 チャップアップ リアップ
デザイン チャップアップ リアップ
発毛効果
男性ホルモン抑制効果 ×
有効成分 44種類 6種類
副作用成分 なし あり

(ミノキシジル)

副作用事例 なし 頭皮炎症、多毛症、肌荒れ

 

チャップアップの有効成分

  • 血流改善を目的とした成分12種類
  • センブリエキス、オウゴンエキス、海藻エキス(1)、ジオウエキス、シナノキエキス、ショウキョウエキス、センキョウエキス、トウキエキス(1)、ニンジンエキス、ヒキオコシエキス(1)、ボタンエキス、D-パントテニルアルコール

  • 効果の改善を目的とした成分3種類
  • ウメ果実エキス、チンピエキス、マロニエエキス

  • 皮脂の過剰分泌抑制を目的とした2種類
  • ドクダミエキス

  • 5αリダクターゼの生成抑制を目的とした4種類
  • オウゴンエキス、チョウジエキス、ヒオウギ抽出液、ビワ葉エキス

  • 頭皮環境改善を目的とした10種類
  • アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、サクラ葉抽出液、セイヨウキヅタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレエキス

  • 毛髪を作ることを目的としたアミノ酸13種類
  • DL-ピロイドンカルボン酸ナトリウム液、L-アスパラギン酸、L-アラニン、L-アルギニン、L-スレオニン、L-セリン、L-バリン、L-ヒスチジン、L-ピロリドンカルボン酸、L−フェニルアラニン、L-プロニン、グリシン